電話連絡なしカードローン

電話連絡なしカードローン

MENU

人気のある消費者金融会社として、新生銀行グループのノーローンがあります。
消費者金融から借り入れをするときには、自宅や勤務先に対して金融業者から連絡がくることが嫌な人も多いでしょう。
そのような利用者のニーズを受け入れる形として、ノーローンのカードローンは電話連絡なしで利用できるサービスとなっています。
新生銀行系列のカードローンということで、使用可能なATMが数多く用意されていて利便性の高いサービスが行われています。
新生銀行やレイク、セブン銀行、ローソンATMなどと提携を行っていますので、都合の良いときにコンビニなどに設置されているATMを使って借り入れや返済ができます。
ただし、レイク以外のATMを使った場合や、コンビニ返済をしたときには手数料が発生する点を把握しておいたほうが良いと言えます。
利用できるATM数の多いノーローンでは、インターネットからの借り入れや返済もできるようになっています。
ホームページから借り入れの申し込みや契約が可能になっていますので、店頭や自動契約機に行かなくても借り入れができるカードローンと言えます。
電話連絡なしでキャッシングを利用するときには、在籍確認をされたくないことを伝えた上で、会社の健康保険証や社員証を提示するようにしましょう。
電話での在籍確認をどうしても避けたいと考えている人の場合には、事前に電話連絡なしで借り入れが行えるかどうかを確認しておく必要があると言えます。

電話連絡なしのカードローンでも親バレする危険性は全くないとは言えないので、バレたくない場合には注意します。
まず、職場への電話連絡なしであっても本人確認の電話はあるため、電話番号は自分の携帯電話を指定します。自宅の電話を指定すると、親が出てしまうことがあります。
カードローンの審査に通った後に注意しなければならないものが郵送物です。店舗や自動契約機以外で契約した場合、カードを受け取っていないため、カードが郵送されてきます。また、借り入れや返済を行えば利用明細も郵送されてきます。これは金融業者であることが分からないような社名になっているため、一見しただけではカードローンとは分かりません。ただし、無断で開封されて中身を見られたり、親がその社名を知っている場合には利用していることがバレます。そのため、勝手に郵送物を開封しないように日頃から徹底しておくか、郵送物をなしにする設定にして、カードは店舗や自動契約機に取りに行きます。
また、電話連絡なしと言っても返済の遅延を起こした場合には連絡されることがあります。通常は遅延が起きた際には本人に対して状況確認の電話があるため、これに出て状況を説明すれば会社や自宅に電話はありません。しかし、遅延を起こしたことできつく責められるのではないかと思い、電話を無視し続けると会社や自宅に対して督促の電話がかかってきます。遅延を起こさないように利用するのが適切ですが、遅延を起こしそうな場合は自分から連絡すると良いです。